キャシングって何?

キャッシング、最近よく耳にする言葉ですよね。キャシングとは、クレジットカードやキャッシュカードを利用してATM(現金自動預け払い機)などからお金を借りるサービスのことです。これには銀行キャシングと銀行系キャシングとがあります。一見大した違いがないように思えますが、実は深い意味があるのです。これは利用するにあたりぜひ知っておきたいものです。ではその違いは一体何でしょうか?

銀行キャシングと銀行系キャッシングの違い

銀行キャッシングは、メガバンクや地方銀行など銀行が直接融資をしてくれます。銀行キャッシングの利点は低金利にあります。つまり、利息や手数料などが低いということです。ただし、銀行キャッシングを受けるには年収の制限があり審査が厳しいこと、また即日に借り入れできないこともあります。
一方、銀行系キャッシングは、銀行自体ではなく、銀行が経営資金を出資している消費者金融業者が融資してくれます。代表例としてはアコムやプロミスなどがあります。そして銀行系キャシングの利点は何といっても、スピードです。最短30分で審査を終了してくれる会社もあります。審査基準も銀行キャッシングより低いですし、即日にキャッシングを受けることが出来ます。しかし、金利が銀行キャッシングと比べると高いという面があります。
お金を借りる際に時間の余裕があるかどうか、また審査基準を満たせるか、といったことがどちらのキャッシングを利用するかを決めるポイントとなってきます。
これらのことを踏まえたうえで、自分にあった借り方ができるといいですね。

Fahey